2009年09月07日

下村富美 『花狂ひ』

生まれ生まれ生まれ 生まれて 生の始めに暗く
死に死に死に 死んで 死の終わりに 冥し
花狂ひ
下村 富美
小池書院 ( 2009-08-29 )
ISBN: 9784862254979
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


イラストレーターとしての仕事の方が多いであろう、超寡作な漫画家さんのウン年ぶりの新刊。
店頭で見かけたときは目を疑った。でもって重版にはならないだろうから、なくならない内にとその場で買った。そのくらい寡作。
独特な世界観で描かれる短編全6編が収録されています。
前半はビッグコミックに掲載された短編で、後半は以前小学館から出たコミック『首』からの再録だと思いますが、やっぱりいい!
個人的にはプチフラワー初出のものの方が好みですね。「花狂ひ」とか「蝶の墓」「水神」あたり。
この人の作品て、文学としての漫画だと思うんですよね。それも日本的な無常感とか生や死に対する感覚が色濃い。
そういうのが好きな人なら、マニアックだけど、読む価値あり。
この人の『仏師』がまた傑作です。こちらもお薦め。
ラベル:下村富美
posted by 高 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。