2006年06月17日

金原瑞人 『12歳からの読書案内』

中高生向け(実は大人にも充分)のYAセレクション100
金原瑞人〈監修〉による12歳からの読書案内
金原瑞人〈監修〉による12歳からの読書案内
金原 瑞人監修
すばる舎 (2005.12)
ISBN : 4883994651


前々から気になっていたこの本。ついに買いました。そして読みました。
すばらしいです。
「中高生に読んでほしい12歳からの読書案内」となっていますが、これ、大人でも充分満足できますよ。
まず其々の章で設定されているテーマは、「希望がわいてくる本」「勇気があふれてくる本」「情感が豊かになる本」「コミュニケーションの大切さに気づく本」「冒険の楽しさを味わう本」・・・・・・etc、etc。
それらが更に小さなテーマに分けられ、エッセイから入門書、児童文学に現代小説、絵本にライトノベル、歌集に詩集など、取り上げられている本も実に様々です。

紹介の仕方もうまいです。
見開きで1冊の本を紹介しているのですが、まず右側のページに本の売り文句とごくごく簡単な紹介、書影や出版情報に加えて「本からのメッセージ」として短い引用文が丁度よいバランス配置で並べられています。
で、左側のページに、紹介者の文章。
飽きずにどこからでもパラパラとページをめくっていけます。

これを読んでいて、あぁこれも読んでみたいなぁ、面白そうだなぁ。うんうん、これは本当に素敵な作品だよね、と色々感じることができて、とても楽しかったです。
今度暇があれば、ここに載せられているものの中での、私の既読本と、これを読んで読みたくなった本のリストでも作ってみたいです。

ちょこっとだけ紹介すると、これを読んで読みたくなったものは・・・
『14歳からの哲学』、『こころのほつれ、なおし屋さん』、『ナシスの塔の物語』、『ルート225』『常識の世界地図』・・・他にも沢山ありました。
14歳からの哲学 考えるための教科書
こころのほつれ、なおし屋さん。
ナシスの塔の物語 (青春と文学)
ルート225 (新潮文庫)
常識の世界地図 (文春新書)
ラベル:金原瑞人
posted by 高 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。